雨の日に革製品と付き合う方法

雨の日の革のお手入れ

雨の季節は何かと革製品は気をつかいますよね?

雨に濡れるとシミになるんじゃないかとか
全く使えないの?と思う方もいるかと思います。

だ が し か し ! !

使い方によっては使用する事も出来ます

著者は雨の時は雨の時用の革製品を使用しています。

防水処理されたものが安心

雨の日に布製の靴を履くと中までぐっしょり

堅牢な革靴は雨を通しにくい!

アッパー素材が防水や撥水加工が施されたレザーが雨の日には◎

ビジネスマンなら当然天気予報は見ているはず(?)なので

雨の日用に用意しておくのがおすすめです

ソールはラバーソールが安心

アッパーが防水、撥水加工が施されていても

肝心のソールがレザーだと大変な事に!!

お洒落靴なんかでも使用されている

ビブラムソールが滑りにくいので安心です

そんなの持っていないという人は防水スプレー

靴を買い替えたくない!という人は昔ながらの

防水スプレーがおすすめ

ただし、一回でも履いた場合は、ホコリなどが付着している可能性があります。

しっかりホコリを落としてから防水スプレーを使いましょう

※防水スプレーは取扱い説明書を必ずご確認ください

※番外※絶対にやってはいけない事は…

ズバリ・・・ドライヤーで乾かすこと

防水、撥水加工、防水スプレーなど何も対策を行っていない革は染みになりやすいです

特にヌメ革は染みが目立ちます

雨の日対策が施されていない場合、慌ててドライヤーで乾かす事が厳禁です

濡れて型崩れしたまま、急に乾かすと

その状態のまま形が固まってしまいます…

対策方法

濡れてしまった場合は、吸水性のいいもので水分を取りましょう(新聞紙など)

直射日光にあてたりするのもNGなので、日陰干しで風通しのいいところで乾かすのが◎

形崩れを防ぐ為に、内側に新聞紙を入れたり、キーパーを使うのがおすすめでs

カテゴリから記事をさがす