皮革の加工について

製革の作業には、大きく分けて準備工程、鞣し工程、再鞣・染色・加脂工程、仕上げ工程がある。
表皮を銀(吟)と称し、薄手の革を作るために銀面がついた層(銀付き革)と内部の繊維層(床(とこ)革)に割る(スプリット)、なめし前の工程を施す場合がある。

製品革の種類

• エナメル – 革にエナメルペイントを施すことで光沢と耐水性を持たせたもの。ドレスシューズ(社交の場などで着用される装飾性・デザイン性の高い靴)などに多用される。最近はフィルムを貼ることも多い。
• スエード – 革の裏側(肉面)をやすり等で起毛させたもの。柔らかく、ビロード状に仕上がる。床革を使用する場合もある。
• ヌバック – 革の表側(銀面)をやすり等で起毛させたもの。デザイン目的でドレスシューズにも用いるほか、傷を目立たせないという目的で登山靴にも用いられる。
• 型押し – 牛革などにプレスで模様をつけたもの。模様は、ワニ革を真似た模様や格子模様、篭目(バスケットウェーブ)など様々ある。
• クラッキング – 皮革にあえてひび割れを施したもの。カジュアルに多いダメージ加工。
• 色づけ – 色むらを出すために、色づけする場合もある。靴を成型した後に、脱色した革に色づけする場合もある。
• 製品染め – 靴やカバンを縫製した後、染色したもの。こなれ感と微妙な色ムラで使いこなされた風合いが出る。
• オイル、ワックス仕上げ – 本来は防水効果のためであったが、プルアップや焦がしなどのファッション効果を求めて施されることが多い。
• カゼイン仕上げ – カゼインを主体にして、グレージングやポリッシングで艶を出したもの。
• はっ水、防水加工 – フッ素やシリコーン、防水用加脂剤等を使用して機能を高めたもの。
• キュイルボイル(英語版)(英名:ボイルドレザー、「茹でた革」の意。)- さまざまなやり方が残っているが、その多くに沸騰させるプロセスがある訳でなく、共通するのは冷たろうが熱かろうが水に浸す事である。

皮革製品

皮革は、一般に衣料品や装身具などに利用されることが多い。とりわけ、衣服(コート、パンツ、ライディングウェア、消防士の防火服、溶接作業服、第二次世界大戦中までのフライトジャケットなど飛行服や潜水艦乗組員、戦車兵の制服など)、革靴、鞄、ベルト、サスペンダー、椅子の表張りなど、耐摩擦性、耐火性、引っ張り強度などの耐久性が求められるものに多く使われる。
獣肉食の禁忌のために皮革の供給量が少なく、衣服に使うことが少なかった日本でも、火事装束には鹿革が多く用いられた。馬具や球技用の球、野球のグラブ、自転車のサドルなどのスポーツ用品にも多く用いられる。
高価なスポーツカーや高級車では、シートやダッシュボードなどの内装材が総皮革製のものが、人造皮革であるエクセーヌ(アルカンターラ)が普及した現在においても時折見受けられる。手触りが良いために比較的普及価格帯に近い自動車でも、ステアリングやシフトノブには皮革巻きの物が用いられる場合がある。オートバイのシートにも用いられることがある。
かつては鎧や兜、楯など防具にも多く使用された。剣や刀の柄にも滑り止めの為に皮革製の紐が巻きつけられ、野球のバットをはじめとするスポーツ用品の柄や、オートバイのハンドルバーグリップにも皮革が滑り止めとして用いられる事があった。小銃や散弾銃の負い紐(スリング)や銃床の頬当て(チークピース)、拳銃のホルスター等の軍需品にも皮革は広く用いられた。合成ゴムが普及する以前は、気密性が要求される手動ポンプ(ポータブルストーブやランタンのエアポンプなど)や、空気銃等のピストンのパッキン(ポンプカップ)、水道用パッキンといった工業製品にも皮革が用いられた。
牛革による皮革は特に水洗式トイレのパッキンとしては重要な役割を果たしており、水洗便器用洗浄弁であるフラッシュバルブの心臓部の部品であるピストンバルブ部ワン皮パッキンに皮革が用いられ、水を流す度に高圧で往復運動するピストンバルブが故障すると水が出なくなったり、あるいは水が止まらなくなり悪影響を及ぼす。革パッキンであれば、摩擦抵抗が小さい為、ピストン運動に強く、万一傷が出来て漏れ出してきてもある程度繊維が傷を埋めていく働きをするので、ゴムパッキンのように即座に交換しなければ全く使いものにならないということはなく水洗式トイレのパッキンとしては、革製のパッキンである事がとりわけ重要である。皮革の繊維が便器の洗浄水に混じって出てくるとパッキン交換のサインともされている。
サメの皮のワサビおろし器(サメの表皮の特性を利用)、ビリヤードのキュー先端に取り付けるティップ(革が持つ弾力性と緩衝性を利用)など、皮の特性をうまく利用した製品も多い。太鼓や三味線、三線などの楽器にも利用される。
一般の皮革製品は、ほとんど何らかの皮革用塗料(ワックスも含め)が塗装してあり、なめしの時に染色したり、塗装の時にスプレー染色するなど、染料や顔料で着色してある。

 

合成皮革

合成皮革(ごうせいひかく)、フェイクレザーとは、基布に樹脂等を付着させて、天然皮革類似の風合いとしたものをいう。天然皮革と異なり、水に濡れたりしても手入れが簡便であり、安価で品質も均一であることなどから普及している。
なお、広義の合成皮革は、狭義の合成皮革と人工皮革とに分類される。
ものによるが、天然皮革に比して劣化が早い傾向があり、天然皮革の靴や服のように自分の体に合ってくるということは少ない。例えば、ポリウレタン製のフェイクレザーなどは、使用状況、保管方法等にも依るが、約5年程度で劣化し使えなくなることが多い。

人工皮革

日本の人工皮革は1964年にクラレがクラリーノとして販売を開始し、1970年に東レがエクセーヌを販売開始した。
日本では旭化成せんい、クラレ、帝人コードレ、東レの4社が人工皮革を製造・販売している。
人工皮革には本革のように艶のある銀面タイプと起毛したスエードタイプがあり、代表的な商品ではクラレの「クラリーノ®」と帝人コードレの「コードレ®」は銀面タイプ、旭化成せんいの「ラムース®」、クラレの「アマレッタ®」と東レの「エクセーヌ®」はスエードタイプを主力にしている。
スエードタイプは自動車用内装材として多く用いられ、東レのエクセーヌ(イタリア製がアルカンターラ®、日本製がウルトラスエード®のブランド名を使用)、旭化成せんいのラムース®等がある。

 

参照元
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9A%AE%E9%9D%A9
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E9%80%A0%E7%9A%AE%E9%9D%A9

Follow me!