え?こんなのも??皮革なんです!

革と言えば牛 馬 山羊 羊などが一般的かと思いますが実はこんなものも革になっているんです!
• ゾウ – 傷に強く頑丈な革である。ワシントン条約で輸入が規制されている。
• ウサギ – 毛皮。
• シカ – 繊維は細いが、からみ合いが粗く、非常に柔らかい革である。鹿革では、印伝が有名で、特殊ななめしをしたうえに、漆で模様をつけたものである。
「セーム革」も参照
• クマ – 毛皮。かつて革としても使われていた。
• ネコ – 腹側は三味線に用いられる。
• イヌ – 毛皮。
• トラ – 毛皮。
• ラッコ – 毛皮。
• ニホンカモシカ – 毛皮。
• オオカミ – 毛皮。
• ヒョウ – 毛皮。
• タヌキ – 毛皮。
• キツネ – 毛皮。
• イタチ – 毛皮。ミンク、テンなど。
• センザンコウ – ひし形模様の鱗跡が美しい革。
• オットセイ
• アザラシ – 厚みがあり丈夫。革の表面の特徴は頭部から尾部に向け、独特の波状の畝(ウネ)模様がある。
• ラクダ – 砂漠地帯の昼夜の激しい温度差により、ラクダの革は一般的に厚く頑丈になる。但し1頭から取れる皮のうち皮革素材として使用できる面積は少ないと言われる。生皮を透明に加工したラクダのランプが有名。
• トナカイ – ダイヤ柄の型押し模様が施された高級皮革のロシアンカーフ(Russian calf)が有名。
• カピバラ
• ヒト – 人間の皮膚は比較的大きいものの、他の動物に比べ柔弱で実用性は劣るが、宗教、シャーマニズム、死後に肉体の一部を残す希望、猟奇趣味など、主に精神的理由から人皮は世界各所で用いられてきた(人皮装丁本、エド・ゲイン、アイスランドのネクロパンツ

爬虫類

• ワニ – 数ある皮革の中でも最高級とされる。クロコダイル種とアリゲーター種がある。最上級のクロコダイル(東南アジア産のイリエワニ)や、アリゲーター、カイマン等が有名。鱗の模様によって玉符(柔らかめ)と竹符(硬め)がある。
• ヘビ – 美しい鱗が特徴だが、あまり丈夫ではない。ニシキヘビが有名。パイソン。
• トカゲ – 丸斑模様のリング縞斑のオーバルなど様々なものがあり、ジャワのリザードが有名。また、リングマークトカゲが最も高級。

鳥類

• ダチョウ – 牛革より4倍ほど丈夫で長持ちするとされている。羽毛を抜いた跡のクイルマーク(表面のボツボツした多数の突起)が特徴。ワニ革についで高価な素材。オーストリッチ。
• エミュー – オーストリッチに似ているが突起が小さいのが特徴。

鳥類

• ダチョウ – 牛革より4倍ほど丈夫で長持ちするとされている。羽毛を抜いた跡のクイルマーク(表面のボツボツした多数の突起)が特徴。ワニ革についで高価な素材。オーストリッチ。
• エミュー – オーストリッチに似ているが突起が小さいのが特徴。

魚類

• サメ – ナイフで突き刺しても貫通しないと言われるほど頑丈で、水に強い性質がある。鮫肌と言われるウロコ部分は加工で除去される。ワサビ用おろし器にも用いられる。シャークスキン。
• エイ – 鮫の近縁であるため皮膚もサメに近く、皮革として丈夫で水に強いため、エイの皮も鮫皮と呼ばれることがある。炭酸カルシウムでできた、ラインストーンのような細かい突起が、独特の模様を成す。ガルーシャともいう。光を感知する第三の目の部分はスティングレイハートと呼ばれる。また、日本刀の柄の部分やおろし器としても利用される。表面を削る加工は非常に高度な技術が必要なためオーストリッチについで高価になる。
• サケ – 北海道の特産品としてわずかに流通する程度である。
• コイ – 模様は美しいが、革の大きさが小さいため実用性は低い。
• ヌタウナギ – 現在は韓国の特産品となっていて滑らかでやわらかく、革特有の臭いも無いので注目されている。イールスキン。
参照元
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9A%AE%E9%9D%A9
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E9%80%A0%E7%9A%AE%E9%9D%A9

 

Follow me!