色々な革のメンテナンスグッズ

一般的なのはクリーム

乳化クリーム
乳化クリームとは、天然皮革の栄養を補給で使うクリームです。栄養の浸透性が高く、革製品を長く愛用するためのお手入れに欠かせないタイプのレザークリームになります。主な成分は油脂と蝋で構成されています。乳化クリームの使い方は、少量のクリームを指や布を使って皮革全体に薄く塗り伸ばして使います。
栄養分の高いクリームで塗り残しが多いと、カビの養分となるので注意が必要です。乳化クリームを薄く塗り、豚毛ブラシで全体をブラッシングすることで革本来の艶が出ます。
ワックスクリーム
ワックスクリームとは、天然皮革の艶出しに使うクリームです。光沢を出すのに優れており、外出直前に艶出しとして効果を発揮します。主な成分は蝋がメインで構成されています。皮革に潤いや栄養を与える効果はほとんどありません。
ワックスクリームの使い方は、乳化クリームで手入れした上から塗り重ねて使います。塗り重ねすぎると革そのものの通気性が少なくなるため注意が必要です。蝋の成分が多いため、少量であれば水分を弾いてくれる効果もあります。
革に対する艶出しや防水効果が高いクリーム。浸透性は低いので、革靴などのお出かけ前ケアに適しています。ツヤや光沢を出すのに優れているクリームで、いわゆる「靴墨」です。
デリケートクリーム
デリケートクリームとは、シミになりやすい天然皮革の栄養補給で使うクリームです。艶出しの効果はほとんどありません。主な成分は乳化クリームと変わりありませんが、水分を多く含んでいることからどの革製品にも使え凡用性の高いレザークリームです。
デリケートクリームの使い方は、指や布で薄く塗り伸ばして使います。柔らかく艶の少ない仔羊や仔山羊の皮革に向いています。天然皮革の風合いを大切にしたい場合にも多く使われます。薄く塗り伸ばした後は、柔らかな布で乾拭きすると良いでしょう。

 

皮革用クリームを使う前に知っておきたいこと

皮革用クリームを使ったお手入れはどのくらいの頻度でやるのが効果的?

クリームを使ったお手入れは頻繁にやる必要はありません。
革の種類によっても変わりますが、大体1カ月に一度のお手入れがベスト。念入りに手入れをしたいという方は2週間に一回程度でもいいと思います。
それ以上こまめにクリームを使うと逆にやりすぎて良い革の状態を保てませんので注意が必要です。
ですが、タオルで乾拭きは日常的に行いましょう。乾拭きを日常的にするかしないかで、月に一度のクリームによるお手入れの効果も変わってきます。
乾拭きですと手間もかからないので、毎日の習慣にしたいお手入れです。

 

皮革用クリームでのお手入れで注意したいこと

皮革用クリームを使用してお手入れをする場合、革の表面仕上げ方法を考慮しないとシミや色ムラを生じる恐れがあり、かえって革の外観を損なう結果となります。
お手入れをする前にあらかじめ目立たない部分でテストし、色落ちやシミ等ができないか必ず確認してから全体に使用するようにしましょう。
また、革の取り扱いで最も注意するべきことは、雨などで革製品を濡らしてしまった時。その場合は、ドライヤーで乾かす行為は決してしないようにして頂きたいと思います。
ドライヤーなど、高温で乾かすと、革は収縮、硬化し、使用に耐えられなくなります。もし濡れてしまった場合は、風通しの良い場所で陰干しをしましょう。

クリーム以外のお手入れアイテム

クリーナー
汚れを落とすために使用します。チューブ入り、ビン入り、エアゾールタイプ(スプレー式)、消しゴムタイプがあります。
性質は弱酸性、中性とアルカリ性があり、アルカリ性の場合汚れを取る力が最も大きいのが革の色落ちも大きいので、取り扱いは注意が必要です。
他に、汚れ落としとともに防水、つや出し、柔軟効果、防カビ効果、保革効果をうたったものもあります。
保革油
ペースト状、液状、半固形、エアゾールタイプがあり、革に柔軟性を与え、革の割れを防止します。
防水剤
エアゾールタイプが主流で、成分はシリコンやフッ素化合物です。他に、革クリームの中に防水効果を兼ね備えたものもあります。

まとめ

いざ、気合を入れてお手入れをしよう!と思っても、事前に知っておきたいことや必要なものを知っていてお手入れするのと、知らないままするのでは革の変化も大きく変わっていきますよね。
革製品はとってもデリケートで、扱い方の違いが、きちんと革の質感や色味に現れます。毎日お風呂にはいって体を洗うように、毎日優しい布できれいに拭いてあげましょう!
そして月に一度のクリームのお手入れは、事前にテスト塗りをしてみて、より魅力的な革小物に。
毎日のお手入れ習慣と月に一度のクリームで、愛情たっぷりの、オンリーワンの、革製品にしていきましょう!

関連記事

カテゴリから記事をさがす