革財布の手垢や黒ずみの落とし方、革の種類別に手入れ方法を解説

革財布は毎日使うものなので、大切にしているのにもかかわらず手垢や手汗、擦り傷などで黒ずんでしまうことがあります。

ここでは手垢や手汗による黒ずみ対策から、食べ物や化粧品による汚れ、インク汚れなど色々な汚れの落とし方を紹介しています。

黒ずみでお困りの方はもちろんのこと、長年の使用による油ジミや頑固な汚れが気になっている方もぜひ、この記事を参考にお手入れしてみてください。

目次

はじめに

そもそも黒ずみの原因は、

  • 手垢や手汗などによる汚れの蓄積
  • 摩擦などによる表面の傷が黒ずむ
  • レザークリームの塗りすぎ
  • 食べ物や化粧品などの油汚れ

と様々ですが、毎日のように使う革財布ですから手垢や手汗で黒ずんでしまうのは仕方のないことだと思います。それよりも頑固な黒ずみになる前にしっかりとお手入れしてあげましょう。

黒ずみの落とし方は、革の種類や黒ずみの原因によって、お手入れ方法が異なります。

ここでは、

の5つの組み合わせで手入れ方法を紹介します。

手垢による黒ずみの落とし方 オイルレザー編

用意するもの

  • クロス
  • ブラシ
  • レザークリーム
  • 防水スプレー

Step1. クロスで革表面に付いたほこりや汚れを落とす

まずはお手入れの基本、クロスでほこりや汚れを取り除きます。

Step2. レザークリームを少量取り全体に伸ばす

クロスやブラシに少量のレザークリームを取り、全体に薄く伸ばします。この時、たくさん付けてしまうとシミなどの原因になるので注意しましょう。

おすすめのレザークリーム:
コロニル 1909シュプリームクリームデラックスレザークリームと言ったらコレというほど認知度の高いレザークリームです。天然オイルのシダーウッドやラノリンを配合しているので、潤いが皮革の奥まで浸透します。保革効果や栄養効果、柔軟性に優れ深みのあるしっとりとした艶がでます。また、無色の他に6種類のカラーバリエーションのクリームもあるので、補色しながらお手入れすることも可能です。

おすすめの革タイプ:スムースレザー
詳細はこちら

Step3. 陰干しをする

レザークリームを塗り終わったら、直射日光の当たらない場所で陰干しして完全に乾かしてください。

Step4. 防水スプレーをかける

レザークリームが完全に乾いたら防水スプレーをかけましょう。シミ防止のため必ず30~50cm離してスプレーしてくださいね。

おすすめの防水スプレー:
M.MOWBRAY プロテクターアルファスムースやスウェード、ヌバック、ムートンなどなんでも来いのオールマイティ防水スプレーです。粒子の細かいフッ素で撥水を施すので、通気性もそのもままに強力な撥水効果をもたらします。

おすすめの革タイプ:オイルレザー、スウェード、ヌメ革など様々な皮革

Step5. クロスで全体を拭く

防水スプレーが完全に乾いたらクロスで優しく全体を拭き上げておしまいです。

手垢の黒ずみは普段のお手入れと同じ工程で簡単に落とせるのでうれしいですね。また、ここで紹介した手入れをしておけば手垢も付きにくくなるので定期的にお手入れしましょう。

手垢による黒ずみの落とし方 ヌメ革編

用意するもの

  • 革専用消しゴム
  • レザークリーム
  • 防水スプレー

Step1. 革専用の消しゴムで擦る

手垢くらいの軽い黒ずみであれば革専用の消しゴムで落とすことができます。

黒ずみ部分を優しく擦るだけなので、汚れに気がついた時にササっとケアすることができ手軽さが魅力的です。

おすすめの革用消しゴム:
コロニル ソフトガミヌメ革や羊革、エナメル皮革の黒ずみを落とすラバー製のクリーナーです。平らな部分で優しく擦って黒ずみを落とします。尖った部分で擦ると皮革を傷つけることがあるので注意してくださいね。
詳細はこちら

Step2. レザークリームで保護する

摩擦に弱い革製品。革用消しゴムで擦った分多少なりともダメージを受けています。

終わったらレザークリームで保護することをおすすめします。レザークリームを塗り終わったら完全に乾くまで陰干しをしましょう。

おすすめのレザークリーム:
コロンブス 革小物用ヌメ革用クリーム植物性キャンデリラワックスや植物性ビーズワックス配合の無溶剤タイプのクリームです。ヌメ革専用ということだけあって急激な日焼けを防いだり皮革をしなやかに保ったりと緩やかに経年変化を楽しめます。

おすすめの革タイプ:ヌメ革

詳細はこちら

Step3. 防水スプレーをかける

レザークリームが乾いたら仕上げの防水スプレーです。革財布から30~50cmほど離してスプレーすることをお忘れなく。

おすすめの防水スプレー:
コロニル シュプリームプロテクトスプレー起毛革やスムースレザー、メタリック仕上げ、プリントレザーなど様々な皮革に使える防水スプレーです。フッ素化炭素樹脂とシダーウッドオイルが皮革繊維深くに浸透するので、抜群の防水効果と保革・栄養効果を与えてくれます。新品の革財布に使うときは3回スプレーすると防水性が保たれますよ。

おすすめの革タイプ:スムースレザー、起毛革
詳細はこちら

手垢による黒ずみの落とし方 起毛革編

用意するもの

  • スウェード用ブラシ
  • クリーニング剤
  • 保革スプレー
  • ブラシ

Step1. スウェード用ブラシでブラッシングする

手垢の黒ずみや軽い汚れはスウェード用ブラシを使います。

ゴム部分が消しゴムのような働きをしてくれます。革製品のメンテナンスメーカーはそれぞれのスウェード用ブラシを販売しています。

生ゴムを使っているものや手にフィットしやすく設計されているもの、1本で隅々までほこりが落とせるように工夫されているものなど様々です。

おすすめのスウェード用ブラシ:
サフィール クレープブラシ生ゴムを使用したブラシです。一方向だけでなく四方にブラッシングすることによって毛を起こし汚れを取り除きます。使っていくうちに生ゴムが汚れていきますがハサミなどでカットして元の状態に戻して使っていきます。短くなって使いづらくなったら変え時です。

詳細はこちら

Step2. クリーニング剤を手垢部分にスプレーする

手垢による黒ずみ部分にクリーニング剤を30cmほど離してスプレーします。スプレーで湿ったところをスウェード用ブラシで軽く擦って汚れを落とします。

おすすめのクリーニング剤:
コロニル ドレスインプレグニーラー植物性オイルとナノ化されたフッ化炭素樹脂が湿気から皮革を守り汚れを落とします。静電気も防止してくれるのもうれしいポイントです。

おすすめの革タイプ:シープ、ヌメ革、スウェード、ムートン

詳細はこちら

Step3. 保革スプレーをかける

クリーニングが終わったら保革スプレーでしっかりと栄養を補給しましょう。スプレーをかけおわったら陰干しして完全に乾かします。

おすすめの起毛革用保革スプレー:
SAPHIR スエード&ヌバックスプレーアーモンドオイル配合の栄養を補給し柔軟性を与えることで、シルキーな毛並みを保つことができます。撥水効果もあり防水スプレー要らず。また、18色ものバリエーションがあるので合う色があれば補色もできて一石三鳥なのも高評価です。

おすすめの革タイプ:起毛革

保革スプレーに撥水効果のないものを使った時は防水スプレーをかけてくださいね。

おすすめの防水スプレー:
コロンブス アメダス600靴に使われることが多いこの「アメダス600」はお財布やバックなど様々な革製品に使うことができ、とても優秀な防水スプレーの1つです。皮革の柔軟性や通気性を損なうことなく、皮革繊維1本1本にフッ素樹脂をコーティングします。
おすすめの革タイプ:
ツヤ革、起毛革

Step4. ブラシで毛並みを整える

完全に乾いたら余分な保革剤や防水スプレーを落としておしまいです。

手垢以外による黒ずみの落とし方 オイルレザー・ヌメ革編

用意するもの

  • クロス
  • 汚れ落としスポンジ
  • 汚れ落としクリーニング剤
  • レザークリーム
  • 防水スプレー

Step1. 革財布全体をクロスで優しく乾拭きする

まずはオイルレザー同様、クロスでほこりや汚れを取り除きます。

Step2. クリーニング剤で汚れを落とす

クリーニング用スポンジにクリーニング剤を染み込ませ汚れを落としていきます。レザーソープを皮革に直接染み込ませるとシミの原因になるので注意しましょう。

おすすめの汚れ落としクリーニング剤:
コロニル カーボンクリーニングフォームきめの細かい泡が皮革表面にくっついて汚れを浮かせて落とします。スポンジやブラシに泡を取ったらクルクルと円を描くようにクリーニングしていきます。少量で広範囲の汚れに効果があるのもうれしいですね。すすぎ不要で硬く絞った濡れたタオルで拭き取るだけなのでとても簡単です。

おすすめの革タイプ:オイルレザー、ヌメ革、スウェードなどのあらゆる素材(シルク、爬虫類は除く)

Step3. レザークリームで栄養補給

レザークリーナーで汚れを落としたら失った栄養を補給してあげましょう。

乾いたクロスにレザークリームを少量とり薄く伸ばしながら優しく全体に広げていきます。塗り終わり陰干しして完全に乾いたらクロスで拭きあげてください。

Step4. 防水スプレーをかける

仕上げに防水スプレーをかけて新たな黒ずみが付かないように予防しましょう。スプレーするときは30~50cmほど離すとシミになりにくいですよ。

 

手垢以外による黒ずみの落とし方 起毛革編

用意するもの

  • スウェード用ブラシ
  • 革専用消しゴム
  • 保革スプレー

Step1. スウェード用ブラシでほこりを落とす

まず革財布全体に付いたほこりや汚れを落とします。

Step2. 革専用の消しゴムで擦る

ヌメ革同様、革専用消しゴムで優しく擦って黒ずみを落とします。擦った後に消しゴムのカスが出るのでブラシで払い落とします。

おすすめの革専用消しゴム:
コロニル ヌバックボックス汚れを落とすゴム面と仕上げに毛並みを整えるスポンジ面のあるクリーナーです。角の部分で強い力で擦ると皮革が傷つく場合があるので注意してください。

おすすめの革タイプ:起毛革

Step3. 保革スプレーをかける

起毛革はスムースレザーと違いクリームタイプの保革剤が使えないのでスプレータイプを選びます。

また、起毛革用の保革スプレーには撥水も一緒に施してくれるものが多いので、防水スプレー要らずなのもうれしいポイントです。スプレーをかけ終わったら陰干しでしっかりと乾かしてください。

Step4. ブラッシングする

完全に乾ききったらブラッシングをして余分な保革剤・防水スプレーを落としておしまいです。

食べ物や化粧品などによる油汚れを落とす方法

食べ物や化粧品での油ジミは放置した分だけシミが落ちづらくなりますので、油ジミに気が付いたら一刻も早く取り除いてあげましょう。

油ジミを落とす方法はいくつかありますが、どの方法も革によっては合わないことがあるので、市販の油汚れ落としクリーナーに頼るのがおすすめです。

コロニル 汚れ落とし ライニガー

油汚れやカビをしっかりと落とします。容器を良く振って革が湿る程度にスプレーしたら、湿っている間に気になる部分を優しく擦ります。

強く擦ると色落ちや傷がつくことがあるので注意してください。なかなか落ちない頑固な汚れは同じ工程を繰り返します。

おすすめの革タイプ:
スムースレザー、シープスキン

詳細はこちら

コロンブス ブートブラック シルバーライン ツーフェイスレザーローション

油性汚れと水性汚れ両方を落とすことができるのが特徴です。界面活性剤を減量している分溶剤がダイレクトに効き洗浄力がアップ。すぐに乾燥してさらっと仕上がるのもうれしいですね。

おすすめの革タイプ:
オイルレザー

詳細はこちら

サフィール オムニローション

スウェードやヌバック、テキスタイルの全体的な汚れや油汚れ、シミを落としてくれます。専用のミニブラシがついているので便利で使い勝手が良いと評判です。

おすすめの革タイプ:
スウェード、ヌバック、テキスタイル

詳細はこちら

ボールペンなどのインク汚れを落とす方法

バックからお財布を取りだしたらボールペンのインクがベッタリなんてこともあるかもしれません。まして油性のインクだったりしたら途方に暮れてしまいますよね。

でも大丈夫。ちゃんと落とす方法がありますよ。

用意するもの

  • 革用消しゴム
  • レザークリーム
  • クロス
  • 防水スプレー

Step1. 消しゴムで擦って汚れを落とす

インクの付いた部分を革用消しゴムで優しく擦って汚れを落としていきます。ゴシゴシと擦ってしまうと皮革が傷んでしまうので様子を見ながら優しく行ってくださいね。

Step2. レザークリームでケアする

消しゴムで擦った後ケバケバしてしまうことも考えられますので、必ずレザークリームで保護してあげましょう。

クロスにクリームを少量とり全体に馴染ませたら陰干しで完全に乾くまで待ちます。

Step3. 防水スプレーをかける

最後に防水スプレーをかけて乾かします。ブラシで余計な防水スプレーを落として完了です。

必ず30cm~50cmほど離してシミができないように注意して行ってくださいね。

ボールペンなどでインクは落とせても跡が付いて取れない場合は、自力ではなかなか直すことは難しいので専門店へ相談することをおすすめします。

まとめ

革製品の汚れ落とし方法も様々な方法がありますが、大切な革財布だからこそきちんとしたクリーニング用品を使ってほしいと思っています。

中には、

  • アルコールで拭く
  • ブラシの代わりにタワシで擦る
  • 中性洗剤で洗う
  • 文房具の消しゴムを使う

などといった方法も紹介されていますが、「革は人間の肌と一緒」ということを忘れないでほしいのです。

自分の顔をアルコールで拭きますか?たわしでゴシゴシと擦りますか?中性洗剤で洗顔しますか?どれもしませんよね。

維持費はかかりますが手をかければそれだけ長持ちするものですし、経年変化も他にはない味わいも楽しくてワクワクすると思います。

お気に入りの革財布が汚れてしまったら慌てずきちんとした方法でクリーニングしてあげましょう。

上記のやり方を試してみて、自分ではどうしようも出来ない黒ずみや汚れはプロの業者の力でキレイにする事も可能です

関連記事

カテゴリから記事をさがす