革財布が雨や水に濡れたときの対処法、正しい乾かし方、注意点、ダメな対処法も紹介

革製品にとって水は一番の天敵です。水に濡れるとシミができたり、形が崩れてしまうことがあります。

ここでは革財布が濡れてしまった場合の対処法やお手入れ方法を紹介します。

革を濡らしてしまった人だけでなく、濡れたときの対処法がわからないという人もこの機会にぜひ、覚えておきましょう。

特にヌメ革は水に弱く濡れた部分がシミになりやすいので、きちんした対処が必要です。

革財布が雨や水に濡れたときの対処法

Step1. 革財布の濡れた場所を拭く

水に濡れてしまったらなるべく早く水分を拭き取ります。

この時ごしごしと擦るのではなく、トントンと叩くようにして拭き取ってください。

そのままにしておくとシミやカビの原因になってしまうので注意が必要です。

Step2. 全体を濡らす(奥までしみ込んた場合)

天敵の水にわざと濡らすなんてと衝撃を受ける人もいるかもしれません。

水が奥まで染み込んでしまいふやけてしまっている場合などは、軽く水洗いもしくは濡らしたタオルで全体を湿らせてバランスをとります。

このあとは Step1 と同じ要領で水を拭き取りましょう。

Step3. 革財布を日陰干しで乾かす

水が拭き取れたら風通しの良い場所で陰干ししてください。

濡れてしまったことによりパニックになって、慌ててドライヤーを使ったり、直射日光に当てて乾かさないように注意してください。

濡れた革は熱にとっても弱いのでひび割れしたり、油分が急激に減ることによるダメージにつながってしまいます。

必ず自然乾燥でじっくりと乾かしてください。

Step4. レザークリームで栄養補給を行う

完全に乾いた後は水分の他に油分も抜けて乾燥状態になります。

栄養補給の為にオイルレザーとヌメ革にはレザークリーム、起毛革には保革スプレーを塗ってあげましょう。

レザークリームや保革スプレーの選び方が分からないという人は、下記の編集部おすすめアイテムから選んでみてください。

コロニル 1909シュプリームクリームデラックス

浸透力の高い天然オイルのシダーウッドやラノリンを配合しているので、潤いが皮革の奥まで浸透します。

保革効果や栄養効果、柔軟性に優れ深みのあるしっとりとした艶がでます。

また、無色はもちろん6種類のカラーバリエーションのクリームもあるので、補色しながらお手入れすることもできます。

おすすめの革タイプ:オイルレザー

詳細はこちら

M.MOWBRAY デリケートクリーム

クリームと言っても水分の多いジェルタイプなので簡単に伸ばすことができ使いやすいと評判です。

艶が出過ぎないのでマットな質感が好きな人はこちらのレザークリームがおすすめです。ベタつきが少ないのもうれしいですね。

おすすめの革タイプ:オイルレザー、ヌメ革

詳細はこちら

M.MOWBRAY スウェードカラーフレッシュ

これ1本で栄養や潤いを与え、防水もできてしまう優れもの。

無色なので起毛革製品なら何にでも使えます。スプレーした後はブラッシングを忘れず行いましょう。

おすすめの革タイプ:起毛革(スウェード、ヌバック)

詳細はこちら

Step5. 防水スプレーをかける

最後に水濡れ防止に撥水・防水効果のあるスプレーを使いましょう。

これ1つするかしないかでお財布の持ちが変わってきます。

防水スプレーには通気性に優れた「フッ素加工」のものと通気性を遮断する「シリコン」の2種類に分けられます。

革製品は通気性が大事なので「フッ素加工」の防水スプレーを選んでください。

また、フッ素加工の防水スプレーは持続性が低いのでこまめにスプレーしてあげるのがおすすめです。

防水スプレーの選び方が分からないという人は、下記の編集部おすすめアイテムから選んでみてください。

コロニル 1909シュプリームプロテクトスプレー

フッ素炭素樹脂をブレンドした防水スプレー。

高い防水効果にプラスして浸透力の高いシダーウッドオイルも配合されているので、繊維の奥深くまで浸透し保革・栄養効果が期待できます。まさに一石二鳥ですね。

おすすめの革タイプ:スムースレザー、起毛革(スウェード、ヌバック)

詳細はこちら

M.MOWBRAY ナッパケア

ヌメ革やラム革などデリケートな革財布におすすめの防水スプレーです。

浸透性が高いのでまんべんなくスプレーしても直ぐに乾きしっかりと保湿されます。ベタつくこともないのでよく使うお財布にはうれしいポイントです。

おすすめの革タイプ:ヌメ革、ラム革

詳細はこちら

まとめ

いかがでしたか?

水に濡れることは避けて通れないことの1つかもしれません。

特に雨は不純物を多く含んでいるので、革の毛穴を塞いでしまいシミになるとも言われているので注意が必要です。

また、コーヒーや紅茶などの水以外のもので濡らしてしまった場合も同じ方法で対処してください。ただし、水に比べて濃いシミが残りやすいので一刻も早く拭き取ることが大切です。

その時にも決して慌てず濡れたところを優しく叩くように拭き取ってください。強く擦るのだけは絶対にやめましょう。

そして、お気に入りの革財布を水濡れから守るために、忘れずに防水スプレーをかけたり、雨の日にはそのまま持ち出すのをやめる、お財布をテーブルの上に出しっぱなしにしないなどの予防もしていきましょう。

関連記事

カテゴリから記事をさがす